長袖カットソー

1枚でも、レイヤードでも、インナーとしても活用できる素材感と色、デザイン。
長袖は、前後どちらを前にしても着られる2way仕様なので、その日のスタイリングにあわせてお好みのほうを選んでいただけます。


※「前々」と記載してあるのは「首元の開きの広いほうを前に着用」、「後ろ前」と記載してあるのは「首元の開きの狭いほうを前に着用」の意味です。
※撮影時には、MUUGIのカップ付きキャミソール(ゴールド)を中に着用しています。

長袖カットソーの開きの狭いほうを前にして1枚で。引き締め力のあるコンパクトなブラックカットソーを、ボリュームのあるワイドパンツにあわせてメリハリスタイリング(長袖カットソー/後ろ前/ブラック

キャメルの長袖カットソーに、ブラウンのハイウエストウールパンツをあわせたワントーンコーデ。品のあるキャメルカラーと光沢のある生地感のおかげで、1枚で着てもボトムスに負けず、シャープなスタイリングに(長袖カットソー/後ろ前/キャメル

開きの広いほうを前にして、リブキャミワンピースとあわせて。タイトなリブニット素材の下にゆとりのあるカットソーだと、脇のあたりがもたつく心配があるが、コンパクトなカットソーとあわせればまとめやすい。トープのグレイッシュカラーをつなぎ役にした、モノトーンコーデ(長袖カットソー/前々/トープ

ジャケットのインにも活躍する長袖カットソー。開きの狭いほうを前に着て。さりげない光沢感のある生地だから、ジャケットから覗かせたときにも品良くまとまる。エクリュのカットソーにアイシーなブルーのジャケットをあわせて、涼やかなカラーコーデ(長袖カットソー/後ろ前/エクリュ

上記スタイリングのジャケットを脱ぎ、後ろ側を見せたのがこちら。ほどよい背中見せで、カットソー+スラックスというシンプルなコーデにセンシュアルなアクセントを。前から見たときにはベーシックだけど、背中に回るとちょっとだけレディに(長袖カットソー/後ろ前/エクリュ

カットソーの背中見せ&スカートに大胆に入ったスリットで、背中を主役としたコーデ。タイトカットソー&タイトロングスカートで、ロング&リーンにまとめた。ブラックのIラインが女性らしさを引き立てる。(長袖カットソー/後ろ前/ブラック

スタイリングが難しい変形ニットに、エクリュの長袖をレイヤードしたスタイル。袖が短かったり脇下が開いていたりなど、合わせるものに苦労するトップスの中にも、コンパクトなカットソーは活躍する。ニットのボリューミーな袖とカットソーの細い袖がメリハリをうみ、首元からチラりと見えるエクリュカラーも効果的。ホワイトパンツにあわせてエクリュを選び、ブラック&ホワイトでまとめた。(長袖カットソー/後ろ前/エクリュ

ブラックの長袖カットソーを開きの狭いほうを前にして、上からコートをさらりとはおって。ブラック&ネイビーのシックで知的なカラーコーディネート(長袖カットソー/後ろ前/ブラック

クランベリーカラーのゆる長カーデの中にエクリュのカットソーを入れて、暖色コーデにまとめた。ホワイトにかすかな赤みと黄みが混ざったエクリュカラーは、カラーニットとのレイヤードも楽しみやすい(長袖カットソー/前々/エクリュ

ボートネックのノースリーブワンピースのインに、トープのカットソーをレイヤード。開きがやや広いため、ボートネックの中に着たときにもチラリと見えづらくスマートに着こなせる。グレーのワントーンコーデでシックにまとめた(長袖カットソー/前々/トープ

サイドにスリットのあるニットや脇の開きが大きなトップスのインにも重宝。トップスとボトムスとつながる色を選んで、カラーコーディネートを楽しみたい。ここではグレイッシュなトーンにあわせて、トープを選択。(長袖カットソー/後ろ前/トープ



ここからは、インナーとして着たときの見え方をご紹介。

透け感のあるオフホワイトのハイゲージ薄手タートルの中に、キャメルの長袖を後ろ前で着用。肌色に近いキャメルカラー&段差の少ない襟元の仕様のおかげで、ほとんどインナーが見えていない。今回は開きの狭い方を前に着ており、タートルネックのつなぎ目の少し下にわずかに見えている段差が、カットソーの端。このようにタートルや首の詰まった服のインに着るときには、後ろ前で着たほうが首元のカーブが服のカーブと合い、より違和感なく仕上がる (長袖カットソー/後ろ前/キャメル

やや開きの大きなVネックニットの下に、開きの広いほうを前にして着用。シャツの中などに着るときも、開きの広いほうを前にして着用するのがおすすめ(長袖カットソー/前々/エクリュ

上記コーデの背中側。「開きの狭いほう」と言っても多少の開きがあるため、このように「前々」で着たときの背中側もカットソーがチラリと見えにくい。シャツを抜き襟で着るときにも、背中のインナーが見えにくく仕上がる(長袖カットソー/前々/エクリュ

ボートネックニットの下に、後ろ前で着用。ボートネックは端のところからインナーが見えやすいが、やや広くとった開きのおかげで出にくくなっている(長袖カットソー/後ろ前/エクリュ

白の薄手ニットの下に、エクリュを後ろ前で着用。ニットの襟の下にわずかに見えているのがカットソーの端。段差があまり響かず、ネックのカーブラインもニットのラインと連動していてきれいに着られている。あえて見えやすいように撮影時はエクリュを着用したが、キャメルにするとさらにいっそう見えにくくなる(長袖カットソー/後ろ前/エクリュ


半袖カットソー

1枚でも、レイヤードでも、インナーとしても活用できる素材感と色、デザイン。
真冬はニットの中にインナーとして(特に長袖だと肘下のもたつきや袖をまくったときのインナー見えが気になる人におすすめ)。
春や秋、寒暖の差が激しい日にはカーディガンやジャケットの中に(真冬でも、室内がすごく暑いなどという時には簡単に体温調節ができる)。
初夏や梅雨時、初秋などには、1枚で。
オールシーズン活用できるアイテムです。

※撮影時には、MUUGIのカップ付きキャミソール(ゴールド)を中に着用しています。

1枚でさらりとデニムとあわせて。カットソーのキャメルカラーと、色あせてやや黄みがかったデニムのカラーがリンク(半袖カットソー/キャメル

リブタイトスカートとあわせて、オールブラックのIラインコーデ。シンプルなTシャツでも、ブラックワントーンでまとめて素材感をミックスすることで、エレガントなムードに(半袖カットソー/ブラック

白T+黒カーデ+ブルーデニムというベーシックな着こなしも、素材感やサイズ選びで洗練された着こなしに昇華。コンパクトなカットソー+ジャストサイズの501に、オーバーサイズのカーデをはおって。冬でも室内との寒暖の差が激しいときには、これにコートをプラスしてでかけてもいい(半袖カットソー/エクリュ

半袖トープにワイドデニムパンツをあわせたスタイリングの前と後ろ。コンパクトなトップスをインすることで、ワイドなボトムスとの間にメリハリがつく。Tシャツ+デニムのカジュアルな合わせだが、シルエットのバランスでどことなくエレガントな印象に(半袖カットソー/トープ

オーバーサイズジャケットとワイドパンツにあわせて、全体をアースカラーでまとめたスタイリング。ジャケット、パンツともにボリューム感があるので、コンパクトなTシャツを入れて全体のコーデを引き締めて(半袖カットソー/キャメル

ここからはインナーとして着たときの見え方をご紹介。

一般的な首の詰まりのクルーネックニットの下に、半袖カットソーを着用。このように首が詰まったニットの下であればカットソーが見えてしまわないように、少しだけ広めの首の開きに設定しています。(半袖カットソー/エクリュ

首の詰まりがやや広いニットの下に半袖カットソーを着用。体の動きの中で少しカットソーが見えたときも、洋服と合う質感のため違和感なく仕上がる。さらに首の開きの広いニットの中に着て、首元にカットソーの色を差すのもいい。(半袖カットソー/エクリュ

> メリノウールカットソー(長袖)を見る

> メリノウールカットソー(半袖)を見る